×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エントリーno.2

ブラウザの「(戻る)」機能でこのページに戻ってください

作品名「F-14A トムキャット アスラン王国空軍 エリア88所属ミッキー・サイモン機」

■製作コメント

とにもかくにも人生初の飛行機モデル。
選考対象外でもいいからきららさんに見ていただきたくて、お届けいたします。
スケールアビエーションのハセガワ72トムキャットの記事を参考にしたり、友達の飛行機モデラーさんに意見を聞いたりしてがんばりました。
それでも分からないことがたくさん!

垂直尾翼の黄色い帯の太さはモールドを無視していいのかわるいのか。
横腹にできる段差はあっていいのかわるいのか。
グローブべーンは横腹の半分くらいまで塗るのかどうなのか。
塗装指示にある塗り分けがキットパーツ上でみつけられなかったり。
・・・etc,etc

毎日「これでいいのかな?」の連続で・・・ものすごく勉強になりました。
もうひとつ別の旧版ハセガワ72トムキャットを持っているので、つぎはもっと上手に作ります!
作品は、キットをストレートに組んで、塗装は全部筆塗りです。デカールも説明書通り。
あまりに古いキットなので、デカールも砕け てしまったりして、本当に苦労しました。
デキはともかく完成させられたのが本当にうれしいです。

そして、初めて飛行機モデルを完成させるきっかけをもらえて、きららさんには心から感謝してます。
ありがとうございます。

■ハセガワに一言

パイロットは小さいころからの憧れで、ハセガワのプラモをつくるということは、「夢の実現」みたいな感じで、とっても大事なものでした。

だからでしょうか。なかなか完成までこぎつけず・・・。
大事だからこそ、作れないというか。
好きな女の子 に素直になれないような、半端にしちゃいけないってかまえてしまって、結局なにもできないまま、というか。
気のない女の子には気易くできるのに、なんでだろうって、今までちょっと甘酸っぱい感じでした。
今回こうやって完成させることができて、やっと夢がかなったという気持ちです。
これからも、こんな男の子の夢をかなえ続けてください。

応援しています。



本審査会場に戻る