×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エントリーno.31

ブラウザの「(戻る)」機能でこのページに戻ってください

作品名「陸上自衛隊UH-60JA」

■製作コメント
なんちゃってJMCの企画を知り、参加者が続々と増えて行く中、自分も一緒に遊びたいという気持ちがおさえられなくなりました。
レギュレーションはハセガワ。今こそ積年の自分企画を実行する時。
ナイトホークを自衛隊迷彩に塗装する企画。災害救助の映像を見てすっかり自衛隊ファンになっていたから。幸いにもヘリコの応募は無い。

塗装替えのため楽勝気分でネットで写真を集めていると、何だこのパーツは?
ロクに調べもせず簡単に考えていたら、自衛隊独自仕様満載でした。
仕方が無いのでフジミUHー60Jから気象センサーとFRIRのパーツをいただき一件落着と思ったらエンジン排気口も形が違うぞ?
どうやらIRサプレッサーというものらしい。しかしハセガワもフジミも再現されていない、、、。しかもあてになる資料が手に入らない。
ほとんどの写真はチラリと見える排気口、カバーの様な板?排気口は楕円。あとは増槽タンクに邪魔されてよく見えない。自作するしかない。
想像に想像を膨らませてこんな感じか?レベルでまとめました(チョット違うような)。

塗装はクレオス310番 320番 33番。最後にプラ板から切り出したワイヤーカッターをチョン付けして完成。
サクッと10月中に終わらせるつもりが遠回りになりました。
でもこういう臨機応変的なところがパズルのようでプラモと楽しく過ごせた二ヶ月でした。
製作の機会をくださりありがとうございました。

■ハセガワに一言
子供の頃から飛行機のプラモデルが好きで、ハセガワさんにはずいぶんお世話になっておりました。
当時はお小遣いも少なかったのでよく作っていたのがタロンとフリーダムファイター。ジェット機の中で一番安かったから。
つい最近コンボでタロンが出ましたが当時の金型のままですね。これを新金型でぜひともお願いします。



本審査会場に戻る