×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エントリーno.10

ブラウザの「(戻る)」機能でこのページに戻ってください

作品名「我が妄想的 三菱弐式支援戦闘機 改」

■製作コメント
JASDFの戦闘機はほとんど作らなかったんですが好きなF-16系ということもあり手を付けました。
本家のF-16同様、ハンプバックとCFTを、機首にはカナード、赤外線/画像センサーを装備させた僕の妄想の中の「アドバンストF-2」です。
カナードやセンサーパーツはジャンクキットからハンプバックとCFTは実機のストレッチ同様に伸長(プラパン)させました。
切った貼ったを極力抑えた改造にしました。
CFTを装備したため翼下の外部燃料タンクは不要になりましたが、カナードが邪魔をしてミサイルを積めないのは迂闊でした。
ただいま2号機を72で製作中:-D

■ハセガワに一言
新製品の発売ペースをもう少しだけ上げて・・・
いや、そうすると積みプラモが増えて死ぬまでに消化できないから(すでに手遅れか)いいです:-D
今回同時に流星を作りましたがこれも大変作りやすいキットでした。
ただ、無線機にもデカールを用意して計器盤のデカールに多少色を挿していただくとあり がたいです。
今後希望するキットは、1/32で流星とTa-152H-1、JASDFの戦闘機と練習機、タミヤと競合する部分は結構ですからとりあえずT-2 /F-1、T-4、F-2をお願いします。
それとセンチュリーシリーズを1/72でぜひお願いします。

希望キットを挙げるとキリがないので最後に、日本の飛行機プラモの浮沈は貴社の双肩にかかってます。宜しくお願いします。



本審査会場に戻る