×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エントリーno.2

ブラウザの「(戻る)」機能でこのページに戻ってください

作品名「1945 横須賀」(使用キット 1/48 紫電改前期型)

■製作コメント
・4門ある20ミリ機銃とピトー管は真鍮パイプで自作。
・アンテナ線は0.1oの真鍮線で再現。
・エンジンは糸錘でパイピングを追加。
・シートベルトはマスキングテープとプレスした真鍮線で表現。

手を加えたのはその程度で、あとは素組みです。
ウォッシングをしたところ、なぜかエナメル溶剤がラッカー塗膜を侵食し、機体下面の銀塗装はパネル一枚一枚を筆塗りでやり直すはめになりましたが、
かえってリアリティが出たかなと思います。

今回なんちゃってJMC用にジオラマ仕立てにしましたが、ウェザリングが今一つ足りなかったとちょっと後悔しています。
少し前、知人の(紫電改整備兵)がお亡くなりになりました。稚拙ながら追悼の意を込めて製作しています。

■ハセガワに一言
以前部品請求をしたところ、部品と一緒になぜか部品代まで同包して送っていただきました。なんていい会社だと思っています(笑)
それ以来、浮気せずに飛行機モデルは全て御社の48スケールです。お忙しい中、質問や部品請求などにも丁寧に対応していただき、感謝しています。
現在は遅ればせながら震電を製作中、次回は鍾馗にチャレンジするつもりです。
今後も期待しています。ありがとうございました。

本審査会場に戻る